HOME>イチオシ情報>金買取でおこづかいGET!アクセサリーでも買取可能

買取業者に依頼できるもの

金には普遍の価値があります。取引の状況によって多少の価格の変動はあるものの、採掘量が限られていて希少価値が高いため大幅に値下がりすることがないのです。貨幣価値が下落した時には、その反動で金の価値が上昇することになります。資産を長期的に守ることを考えたら、変わらない価値を持つ金を購入しておくことをおすすめします。しかし、金の相場で利益を得たいのであれば、売り時を見極めて上手に売りに出すことが必要です。これは金塊を所有している資産家に限らず、アクセサリーなどの金製品を持っている人にも言えることです。まとまった品数を買取に出すことで、それなりの利益を得ることができます。それでは、実際に買取業者に依頼できる金製品とはどのようなものなのでしょうか。買取査定の際に注目されるのは、純金の含有量です。その時点での金の相場を参考にしながらその重量で算出されます。純金を意味する24金の製品であれば、問題なく買い取ってもらうことができます。金を75%含有する18金の製品も同様です。ただし、純金に換算した上で査定が出されることになります。金製品の中には、金メッキや金張りという表面のみを金でコーティングしたものもあります。この場合は金の含有量が極端に少なくなるため、業者によっては買取を断られる場合があります。また、混ぜものが多くて金の含有量が落ちる製品の場合も価格がつきません。アクセサリーなどの金製品にはその含有量を示すマークが刻印されているため、買取を依頼する前に確認しておきましょう。

身近なもので金が使用されていることが多い品物ランキング

金
no.1

アクセサリーなどの宝飾品

世界で消費される金のほとんどがアクセサリーなどの宝飾品として使われています。黄金色のゴージャスな輝きは、アクセサリーを彩るのに適しているためです。そのため、買取業者に持ち込まれる金製品のほとんどが宝飾品と言われています。ただし、金を使った宝飾品の価値は様々で、前述の通り金の含有量に左右されることになります。また、有名ブランドの限定商品であったり装飾として高価な宝石が使用されている場合には、金の価値にプラスした評価が下されるため高額になります。24金を使った宝飾品の場合、それを証明する鑑定書を持参すれば査定がスムーズです。もしそういった証明書類がなかったとしても、プロの鑑定士が正確に査定してくれるため安心です。

no.2

金歯などの医療用品

普段何気なくお世話になっている医療用品にも金が使われています。その中でも、一般的に広く普及しているのが金歯です。金は錆びにくい特性を持っていることから、常に唾液や食べ物と触れることになる歯の被せものとして適しているのです。アレルギー反応も起こりにくく、安全性の高さも評価されています。そのため、金の被せものが取れたり欠けたりしたら捨てずに保管しておきましょう。量を貯めて査定に出せば、金製品として取り扱ってもらうことができます。

no.3

機械類の部品

見えない部分に使われているためあまり知られていませんが、機械類の部品として金は欠かせないものです。長期間の使用でも劣化が少ないことから、腕時計の部品として重要な役割を果たすコマなどに使われています。その他、コンピューターなどの回路基板の銅線を保護するために金メッキ加工が施されることもあります。同様に携帯電話やデジタルカメラなどの機器にも純度の高い金が使われており、一つ一つの量は少ないものの全体で考えればかなりの量の金が出回っていることになります。使われなくなった機器から金を採取する技術も確立しており、新しい形の金脈として注目されています。

金買取でおこづかいGET!アクセサリーでも買取可能

金

できるだけ高く金を売りたいのであれば、金の相場をチェックしながら最も良いタイミングで査定に出すようにしましょう。グラムあたりの価格が高くなった時がベストな売り時です。毎日の金の相場を確認してだいたいの高値を知っておくと、売り時がわかるようになります。相場については、新聞やテレビの経済ニュースなどで知ることができます。また、金専門の買取業者の多くはその日の金の相場を店頭に掲示しています。これは、ホームページなどでも確認することが可能です。比較的価格の変動が少ない金ですが、売る量が多ければ儲けに関わってくるので疎かにできません。また、世界的な目線で経済状況を把握しておくことも金の売買には不可欠です。例えば、世界的に株安になれば金融不安が引き起こされるため、自動的に金の価値が上昇することになります。一方で、金の価格は一定まで上昇すると後は下降傾向に入ります。一番高くなった所で売ろうと考えてずっと相場を見ていたら、突然下がってしまって売り時を逃したことがあるという方も多いのではないでしょうか。そういった失敗をしないためにも、どこかで踏ん切りをつけることが大事です。ベストな売り時を掴む感覚は経験する内に培われるので、多くの金製品を所有している場合は長期的に研究しながら少しずつ売って勉強して下さい。売るタイミングがわからず躊躇するのは必要以上に欲が出ている時でもあるので、金の相場と向き合う際には冷静さも必要です。

広告募集中